美容液

最近肌が乾燥してなんとなく調子が悪いと言う方もいるでしょう。そんな方におすすめと口コミで人気なのが、ラミューテです。ラミューテの中でも、特に試してみたいのが、一番効能を期待できるアドバンス保護美容液です。美容液に含まれる成分とその効果について見ていくことにしましょう。

ラミューテアドバンス保護美容液のダマスクローズウォーターとは?

ラミューテアドバンス保護美容液の全成分は包装箱の裏にぎっしり書かれていますが、他のメーカーにないダマスクバラ花水というのが気になります。これはラミューテ化粧品の特長的な成分であるダマスクローズウォーターという成分のことだと思いますが、アドバンス保護美容液にもしっかり入っているようで、美容液を少し手のひらに出しただけで、とても優雅なバラの香りが漂います。この香りに女性ホルモンのバランスを整える効果があるようなのですが、口コミにも非常に好きな香り、気分が和らいでリラックスできるなどと書かれていて、その評判も上々です。

ダマスクローズウォーターには香りの効能だけでなく、美肌へのサポート力もあるそうです。女性ホルモンに働くことで、肌の血行をアップさせてくれ、肌の活性化につながることで、キメやハリを整えてくれます。また、殺菌作用や抗炎症作用もある成分とされていますので、肌の炎症や大人のニキビにも効果が期待できると言います。さらに植物由来の自然な成分が主体となっていて、肌への刺激も少ないため、敏感肌の方でも安心して使うことができるようです。

公式サイトでスターターキットをチェック!

ラミューテアドバンス保護美容液のヘキサペプチド-3とメバロノラクトンとは?

ラミューテアドバンス保護美容液にはヘキサペプチド-3という聞きなれない成分が入っていますが、この成分は主に保湿効果です。ヘキサペプチド-3は別名「塗るボトックス」とされており、あのボトックス注射で有名なボトックスをより安全に使うために開発された成分とされています。ボトックス注射をシワのまわりに打つだけで肌に弾力とハリが出てシワを目立たなくするという話はよく知られていますが、副作用の危険があるという噂も聞いたこともあると思います。ヘキサペプチド-3は植物由来のものなので、ボトックスのような即効性はありませんが、長期間使用しても副作用もなく、肌にハリをもたらし、ふっくらした肌作りをサポートしてくれます。

また、アドバンス保護美容液にはメバロノラクトンという成分も入っています。メバロノラクトンが肌の細胞間脂質を高めることで、肌のバリア機能が高まり、ストレスに強い健康な肌を保つので、紫外線や乾燥、アレルゲンから肌を守ったり、ニキビや吹き出物の炎症を抑えたりしてくれるようです。細胞間脂質が増えるということは、肌がふっくらとしてハリが出てきますので、アンチエイジングにも期待が持てますね。

ラミューテアドバンス保護美容液のその他の成分と効果

アドバンス保護美容液には他にもたくさんの美容効果が期待できそうな成分が入っているので紹介していくことにしましょう。まずは、プラセンタという成分ですが、プラセンタは動物の胎盤から抽出した成分です。生命維持のために必要な栄養素が豊富に含まれているとされており、特にアミノ酸は肌のターンオーバーを促進させる効果を持ち合わせています。このため、例えば、紫外線などの外部刺激を受けた場合でも、常に肌は生まれ変わるので、トラブルが起こりにくくなるようですし、肌の代謝が上がることでコラーゲンの生成が促進され、弾力のある若々しい肌に近づきます。

さらにアドバンス保護美容液には、スクワラン、セラミドといった美容成分が豊富に入っていますので、今まであまり美容液を使わなかったという人は、ラミューテアドバンス保護美容液を数日使うだけで、肌質が良い方向に変化してくれると言います。また、敏感肌の人にも優しい成分でできていますので、肌トラブルで悩んでいた人も安心して使い続けられそうですね。

公式サイトでスターターキットをチェック!